スポンサーリンク

【将棋?】Vカツで手軽にVtuberになる方法

だれでも簡単にVtuberになる事ができるサービスがある、そう伝え聞いた筆者はAlちゃんをVtuberデビューさせるべく早速調べてみた。

世界初の Vtuber支援サービス Vカツ(PC版)

2018年8月1日にIVRからSteam版のVカツが配信された。

Vカツとは無料で3Dキャラクターの作成を簡単に行う事ができるサービスです。

またVRヘッドセットを持っていなくともWEBカメラを用いて顔を動かす事ができ、

お手軽にVtuberデビューをする事ができます。

必要スペック
  • 〇サービス名
  • Vカツ
  • 〇対応VR機器
  • HTC Vive、HTC VivePRO、Oculus Rift、Win MR
  • 〇スペック
  • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です OS: Windows7 / 8.1 / 10 64bit
    プロセッサー: Intel Core i5 4590
    メモリー: 4 GB RAM
    グラフィック: NVIDIA GTX 970 or GTX 1060 or better
    AMD R9 290 or better
    DirectX: Version 11
    ストレージ: 1 GB 利用可能
  • 〇配信・販売
  • STEAM Early accessにて無料配信中!
  • 〇出力
  • バーチャルキャスト、ニコニ立体、オンライン上でのVRM出力(※)
    (※)VRM出力には別途料金(予価税込¥5,000)が発生します。
  • 〇公式キャラクター
  • カツキ

Alちゃん制作開始!

さっそく制作を開始した。

キャラクター制作は顔の微細や骨格、色の細部から柔らかさまで設定する事ができるようだ。

服装やアクセサリーも多数準備されており、無料で受けられるサービスとは思えないほど充実している。

VRカメラを持っていないとVルームへ行くことはできないが、Webカメラで遊べるカメラ部屋も準備されている。

カメラ部屋では目や顔の向きを表現したり、あいうえおの口の動きを表現したりできる。

右のメニューから表情やポーズを変更できたりと自由度は高い。

必要スペックが高いので多重起動しすぎてPCが応答なしになってしまわないよう注意しよう。

まとめ

VカツはSteamに登録を行えばだれでも自由に使う事ができます。

Iphone向けのVカツアプリのサービスも開始されておりスマホユーザーの総Vtuber時代も近そうだ。

また、VRMファイルに書き出す事でバーチャルキャストやニコニ立体に持ち出す事も可能だ。(別途:5000円)

Vtuberに興味がある人や無い人も人は一度バーチャルYoutuberになってみてはどうだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする