スポンサーリンク

【大阪の将棋道場】天王寺将棋センターへ行ってきた

ネット将棋の自信が付くも実際に駒を触った経験が少ない人は多いだろう。

筆者もその一人であり道場で指した経験が全く無かった。

ネット将棋にて自信を付けた筆者は検索エンジンにて将棋道場を調べ、天王寺将棋センターというホームページを見つけた。

初心者歓迎という事もあり将棋未経験の友人を連れ立って向かったのだった。

天王寺駅から徒歩1分の将棋道場

JR天王寺駅から徒歩1分の所に実在した。

水曜日の定休日を除き13時から21時まで営業しているようだ。

ビルの前の看板には初心者女性歓迎!!と書いてありサポートに連れてきた未経験の友人も安心だ。

ユーモア席手の将棋講座!

ビルの一室に入ると、そこには20代であろう若者2人と初老の男性が2人おられました。

男性に確認を行うと、席主さんと4段ほどの実力者との事だった。

筆者は棋力確認のために四段以上の実力者である常連の方にお手合わせを頂き、

友人は将棋講座を受ける運びとなった。

筆者の将棋の内容は緊張もあり流行りの角交換四間飛車に翻弄され散々たる結果に終わった。

友人の方は、席主に将棋を教えてもらっている様子の楽しそうな雰囲気が隣から伝わってきた。席主のギャグやにじみ出る馴染みやすい雰囲気は、長年の経験と人柄から出ているものだろう。

また、カラオケ好きのようであり木蓮の涙がお気に入りのようで口ずさんでいた。歌唱力も有段者レベルのようだ。

他道場よりハイレベル!?

若者の方に確認するとお二人とも棋力は三段以上との事だった。その後に入室された方々も道場で40年以上指されている古豪の方や女性の方でも二段との声が聞こえてきた。

この日が特別なだけかもしれないが腕自慢の方は是非行ってみてはいかがだろうか。

かといって初心者に居心地が悪い分けではなく、アットホームな雰囲気で昔ながらの席主に教えてもらえる道場は初心者でもすぐに有段者に到達するのはすぐだろう。事実常連さんの若者の一人は2年ほど通い三段以上に到達したそうだ。

強さの秘訣はヤクルト!

将棋を指している途中に、ヤクルトレディが訪れた。

どうやら席主には同じ年頃の娘がおり、人情もあり購入しているとのことだった。

常連の方々は皆ヤクルトを購入しており、対局中にヤクルトを飲む姿を見ていると脳の糖分にはヤクルトがいいのではないかと思い至る事になった。

ヤクルトを取っている道場と取っていない道場の棋力を比較したいところである。

次の記事では道場で使われている100万円以上の価値のある駒の紹介、実績の一部などを記載していきます。

是非そちらもご覧ください。

続き 【大阪の将棋文化】将棋道場おすすめ一選

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする