スポンサーリンク

ニコ生将棋おたよりコーナー用のテンプレート

ニコニコ生放送にて、詰将棋の解答用窓として使われている「お便りを投稿」ボタン

こちらからは、解説と聞き手の先生に対して質問やその日のお題に対するおたより等を投稿することができる。

質問したい事があっても挨拶文や締めの文章など考えるのが苦手で面倒になりおたよりを送らない人や一度送ったものの読まれずに書かなくなってしまった人も多いと思います。

挨拶分一例

①「〇〇先生、〇〇先生、解説聞き手お疲れ様です。」

②「〇〇先生、〇〇先生、本日は解説聞き手ありがとうございます。」

③「〇〇先生、〇〇先生、楽しい解説ありがとうございます。」

お便りの最初にこれだけ入れておけば、無難です。

持ち時間が長い順位戦では「長丁場となりますが、引き続きよろしくお願い致します。」や「難解な局面が続きますが、」等の言葉で占めると良いでしょう。

解説の先生の名前だけのパターンで読まれているお便りも多いですが、聞き手の女流の先生の名前を2人目に書いておくと良いでしょう。

注意ポイント

敬称は段位やタイトル保持者の場合はタイトル名で書いても良いでしょう。

ただし、複数タイトル保持者が解説されている場合は呼び方に注意しましょう。

「竜王戦」「名人戦」「叡王戦」「王位戦」「王座戦」「棋王戦」「王将戦」「棋聖戦

①竜王と他のタイトルを保持している場合は「○○竜王」

②名人と他のタイトルを保持している場合は「○○名人」

③他のタイトルで複数タイトル保持している場合「○○二冠」

④竜王と名人を保持している場合「○○竜王名人」

豊島先生の場合は「豊島先生、豊島二冠」が無難で「豊島八段、豊島棋聖」とはあまり書かないでしょう。

ただし、棋聖戦予選などで解説に来られている場合は「豊島棋聖」呼びとなります。

実際に筆者が読まれた例

お題「将棋で得した事、損した事」

藤井先生和田先生、解説聞き手置く疲れ様です。

私が将棋で損した事は、昨年のハロウィンパーティでの出来事です。
カラオケで行っていたのですが広い部屋の中で仮装した女性が隣に座ってきて、親しげに話しかけてきたのです。好みのタイプでドキドキして遂に春が来るのかなと思ったのですが。
トイレに離席した際に将棋棋士のコスプレをした方に遭遇。話をしてみるとアマチュア4段ほどの実力者とのことでした。将棋盤も持ってこられていたのでアマチュア初段ほどの私は対局をして貰いました。今でも時々将棋を教えてもらい非常に得した経験となったのですが、隣に座ってきた女性は戻った頃にはどこにもいませんでした。今でも私に春は来ておりません。損したなと思います。

長丁場となりますが、引き続きよろしくお願い致します。

ハロウィンという時事ネタと実体験を投稿しました。

結果はお題に対して最初に読まれています。

まとめ

番組を見ていますと、前置きが無くても読まれているお便りはたくさんあります。

気持ちよく読んでもらう為に、軽くさらっと挨拶を入れる事をお勧めします。

読まれる確率を少しでも上げる為に、自分なりの個性を出した内容を書く事が必要です。

解説の先生のエピソードや得意戦法、趣味などを調べてからお便りを書くと読まれるかも知れません。

順位戦や2日制のタイトル戦は対局時間が長いために、お便りを読まれる時間が多く感じられます。

タイトル戦以外では詰将棋問題が出題されないため、対局中継の中にはお便り応募の中から解説の先生のプレゼント抽選されている放送が稀にあります。

お便りは一度の投稿で読まれなかったとしてもめげずに積極的に出しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする