スポンサーリンク

対局時計は働く現代人にこそ必要である。

対局時計とは、2人ゲームの競技者の持ち時間を表示し、ゲームの時間管理を行なうために使用される特別な時計である。

将棋を指す人であれば一つは持っていたい時計である。

目覚まし代わりの対局時計!?

皆さんは各棋戦の持ち時間はご存知だろうか。

タイトル戦の持ち時間は、

竜王戦 二日制 各8時間 七番勝負
名人戦 二日制 各9時間 七番勝負
叡王戦 一日制 各1,3,5,6時間 七番勝負
王位戦 二日制 各8時間 七番勝負
王座戦 一日制 各5時間 五番勝負
棋王戦 一日制 各4時間 五番勝負
王将戦 二日制 各8時間 七番勝負
棋聖戦 一日制 各4時間 五番勝負

さて、勘の良い皆さんはお気付きかもしれませんが、人間の一般的な睡眠時間と非常に近いのである。

寝ながらにして対局の持ち時間の感覚を養う事が可能とも考えられるのである。

またストップウォッチ方式を採用し相手方の時間の持ち時間を数分に設定する事で、残り時間の少ない明け方に二度寝をしながらにして秒読みのスリリングな展開を演出する事ができるのである。時間切れ負け時は素直に「ビーーー」という音と共に会社へ向かう事をお勧めする。

仕事中も対局時計!?

世の中にはフレックスタイム制(労働者自身が日々の労働時間の長さあるいは労働時間の配置(始業及び終業の時刻)を決定することができる制度)で働いている人も多いだろう。

そんな現代人にもお勧めしたい、対局時計を8時間に設定しておき食事休憩やタバコ・トイレ休憩等で席を外す時にカウントを止めるのである。

そうすると、8時間働く間に取った休憩時間を全て把握する事ができるのである。

1分1秒単位で働いた時間を計測できるのはタイムレコーダーより精密といえるだろう。

交代制勤務や仮眠が必要な業種でも工夫すれば使えそうだ。

ゲームと勉強の両立に対局時計!?

ゲームは一日2時間まで、予習復習一日2時間!

それなら2時間ずつ設定して勉強とゲームを交互にする事を可能にする。

目標とする時間を1分単位で微調整できるのも嬉しい機能である。

兄弟がいるご家庭ではゲームの交代の時間なども図ると良いだろう、兄が我慢する事もなく円満に事が運ぶだろう。

将棋でも対局時計!?

本来の使い方である。将棋を交互に指す持ち時間の管理のための時計だが、工夫次第で色々な使い道があるのです。他にも思い付いた方は是非対局時計が街中に溢れる世界を目指して参りましょう。

Ckeyin 対局時計 デジタル表示 チェスクロック 将棋 / 囲碁 / チェスに試合適用 ダウンタイマーとウントアップタイマーに使用できる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする